筋トレ

筋トレ初心者こそ必要!手首のサポーターで筋トレの効率が上がる

ジムで手首に何か巻きつけて筋トレしている人を見かけるけど、あれって一体どんな効果があるの?

 

 

こんなお悩みを解決いたします。

 

 

✅本記事の内容

・手首につけるサポーターの種類と効果

 

 

✅本記事の信憑性

筋トレを本格的に始めて約3年。

ガリガリだった僕が、今では毎日ジムに行くほどの筋トレ人間になりました。

そんな僕が筋トレについてたくさん調べて得た知識、今までの経験を当ブログでご紹介しております。

 

 

今回は筋トレの時に使う手首のサポーターについて説明していきます。

筋トレ初心者こそ必要!手首のサポーター

ジムで手首に何か巻きつけて筋トレしている人を見かけるんだけど、あれって一体どんな効果があるの?

 

それって2種類あって、それぞれ怪我の防止と筋トレの効率を上げる効果があるんだ。

 

やっぱり上級者になるとそういうのが必要になるの?

 

いや、実は初心者こそ使ったほうが良いんだよ。

 

そうなの?

 

うん。

2種類のサポーターについてそれぞれ説明していくね。

 

リストラップ

1つはリストラップというものなんだ。

手首に巻いて使うもので、リストバンドみたいに見えるけど汗を拭うものじゃないよ。

 

どんな効果があるの?

 

リストラップは、筋トレのときに手首に痛みを感じたり、痛めてしまったことがある人や、ベンチプレスやショルダープレスといった、いわゆる「押す種目」でより力を発揮したいという人は使うべきなんだ。

 

手首を固定するから、手首への負担が少なくなったり、力が入りやすくなるってことか。

 

そうゆうこと。

胸の力は有り余ってるのに手首が限界でベンチプレスの重量が上がらないなんてもったいないよね。

より高重量を扱えるようになって筋トレの効率を上げることができるし、怪我の予防にもなるからとてもおすすめだよ。

 

僕も使ってみようかな。

 

リストストラップ

もう1つはリストストラップというものだよ。

 

あれ?1つ目ってなんて名前だっけ?

 

1つ目はリストラップ。

リストラップとリストストラップって似てるよね。

でも目的は違うんだ。

 

どんな効果があるの?

 

リストストラップは握力の補助のために使うんだ。

主に、背中を鍛える懸垂やラットプルダウン、デッドリフトなどいわゆる「引く種目」をやるときは使ったほうが良いんだ。

 

握力を補助するってどういうこと?

 

背中を鍛える種目って握力も必要なことが多いんだ。

背中って大きい筋肉だけど、握力って前腕の細い部分の力だから、どうしても握力が背中より先に疲れちゃうんだ。

 

 

なるほど。

背中の力は余ってるのに握力が限界を迎えちゃうせいで、背中を最後まで追い込みきれないってことだね。

 

うん。

それって非常にもったいないんだ。

それを改善するためにリストストラップを使うんだよ。

 

どうやって使うの?

 

リストストラップは、手首に巻きつけたものをバーなどにも巻きつけて使うんだ。

バーなどに引っ掛けることで、バーを握る力を補助してくれる形になるんだ。

 

思いっきり握らなくても引っ張れるようになるってことか。

 

そうゆうこと。

リストストラップを使うと、背中を十分に追い込むことができるから、背中を鍛えるときの効率が何倍も上がるから本当おすすめだね。

それと、初心者の人って背中で引く感覚ってわかりづらいかもしれないけど、リストストラップを使えば腕の力がいらないから、背中で引くっていう感覚を覚えることができるんだ。

 

・逆三角形の体を作りたい

・ボコボコの背筋を作りたい

・綺麗な背中を作りたい

・くびれを作りたい

 

これらの願望を叶えるためにリストストラップは必須だね。

 

あわせて読みたい
筋トレする際に使用するサポーターが筋トレの効率を劇的に変えます

 

まとめ

今回は手首のサポーターについて説明いたしました。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

理想の体を手に入れて幸せな人生を送りましょう。

-筋トレ
-

© 2022 ジェイティ@筋トレブログ Powered by AFFINGER5