筋トレ

あなたは筋トレをするときどこから鍛えてますか?効率よく鍛える方法

筋トレするときってどこから鍛えれば良いの?

鍛える順番合ってるかな?

 

 

こんなお悩みを解決いたします。

 

✅本記事の内容

・筋トレするときどこから鍛えれば良いか

 

 

✅本記事の信憑性

筋トレを本格的に始めて約3年。

ガリガリだった僕が、今では毎日ジムに行くほどの筋トレ人間になりました。

そんな僕が筋トレについてたくさん調べて得た知識、今までの経験を当ブログでご紹介しております。

 

 

今回は筋トレするときどこから鍛えれば良いか説明していきます。

筋トレをするときどこから鍛える?

筋トレするときってどこから鍛えるのが良いの?

 

基本的には、大きい筋肉から鍛えるのが効率が良いんだ。

 

大きい筋肉?

 

うん。

脚とか背中とか胸の筋肉だね。

 

なんで大きい筋肉から鍛えるのが良いの?

 

大きな筋肉を鍛えるには大きなエネルギーが必要

まずあげられる理由としては、大きな筋肉を鍛えるには大きなエネルギーが必要だからということかな。

 

大きなエネルギーが必要?

 

例えば、1回のトレーニングで全身を鍛えようとすると、腕や腹筋を先に鍛えて疲れている状態で最後にスクワットをするのと、1番最初にスクワットをするのとでは、扱える重量って変わるよね。

 

たしかに。

 

筋トレの効率を上げるためには高重量で鍛えたほうが良いから、1番始めのエネルギーが十分にある状態で大きい筋肉を鍛えるべきなんだ。

 

なるほど。

 

大きい筋肉を鍛えると小さい筋肉も鍛えられる

脚や背中などは大きい筋肉なのに対して、腕や腹筋などは小さい筋肉なんだけど、大きい筋肉を鍛えると、同時に小さい筋肉も鍛えられるような種目もあるんだ。

 

どういうこと?

 

例えば、ベンチプレスで胸を鍛えると、胸だけじゃなくて、同時に肩や上腕三頭筋にも負荷がかかるんだ。

それと、腹筋が筋肉痛になったことがあれば分かると思うんだけど、腹筋ってあらゆる動きで使われているんだ。

 

なるほど。

小さい筋肉は大きい筋肉を動かすときに連動して動いていて鍛えられてるってことだね。

 

そういうこと。

 

小さい筋肉が疲労した状態では効率が悪い

それと、小さい筋肉が疲労した状態で大きい筋肉を鍛えるのって非常に効率が悪いんだ。

さっき、ベンチプレスで胸を鍛えると肩や上腕三頭筋にも負荷がかかるって言ったよね。

 

うん。

 

それって、胸を鍛えるときには肩や上腕三頭筋の筋力も必要ということなんだ。

だから、例えば上腕三頭筋を鍛えてから胸を鍛えようとすると、上腕三頭筋が疲労している生で、胸より先に上腕三頭筋が限界を迎えてしまって、胸を十分に追い込めないってことが起こってしまうんだ。

 

なるほど。

 

逆に、小さい筋肉を鍛える種目では大きい筋肉の筋力が必要ということはないから、小さい筋肉は大きい筋肉の後に鍛えても十分に追い込むことができるんだ。

 

次筋トレするときは大きい筋肉から鍛えてみるようにする。

 

あと一応言っておくと、絶対大きい筋肉から鍛えなきゃいけないってことはないんだ。

例えば、腹筋を強化したいなら、エネルギーの余っている最初の段階で腹筋を取り入れるっていうやり方もあるんだ。

小さい筋肉だから絶対に最後のほうにやらなきゃいけないってことはないから、自分の目的に合わせて順番を決めるようにすると良いよ。

 

あわせて読みたい
ジムで筋トレをする場合どのくらい時間をかけてやれば良いのか

 

まとめ

今回は筋トレするときどこから鍛えるかということについて説明いたしました。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

理想の体を手に入れて幸せな人生を送りましょう。

-筋トレ
-

© 2022 ジェイティ@筋トレブログ Powered by AFFINGER5