筋トレ

筋肉痛が治らない時は筋トレしないほうが良い?毎日筋トレはダメ?

筋肉痛が治らない時は筋トレしないほうが良いの?

 

こんなお悩みを解決いたします。

 

✅本記事の内容

・筋肉痛が治らない時は筋トレをしないほうが良いのか

 

✅本記事の信憑性

筋トレを本格的に始めて約3年。

ガリガリだった僕が、今では毎日ジムに行くほどの筋トレ人間になりました。

そんな僕が筋トレについてたくさん調べて得た知識、今までの経験を当ブログにてご紹介しております。

 

今回は、筋肉痛が治らない時は筋トレをしないほうが良いのか説明いたします。

 

筋肉痛が治らない時は筋トレしないほうが良い?

筋肉痛が治らない時って筋トレはしないほうが良いの?

 

そうだね。

基本的には、筋肉痛の時は無理に筋トレをしないほうが良いよ。

 

やっぱりそうなんだ。

 

筋肉痛になる原因

ところで、筋肉痛になる原因って知ってる?

 

筋肉痛になる原因?

筋肉が成長する印てきなもの?

 

実は、なんで筋肉痛になるのかっていうのは科学的にはまだ解明されていないんだ。

 

そうなの?

 

けど、筋肉痛になる原因として有力な説として挙げられてるのは、筋繊維の損傷なんだ。

 

筋繊維の損傷?

 

うん。

筋繊維の損傷を修復しようとすることに伴う炎症が、筋肉痛の原因なんじゃないかって言われているんだよ。

 

そうなんだあ。

 

筋肉が成長する仕組み

筋肉が成長する仕組みは理解しているかな?

 

仕組み?

筋トレすれば筋肉つくなんて当たり前だと思ってたから考えたことなかったなあ。

 

筋肉は傷ついた筋繊維が元の状態よりも強くなろうと回復することで成長していくんだ。

これを超回復って言うんだよ。

 

超回復

ちょうかいふくって聞いたことある!

 

超回復に必要な時間は筋肉の部位によって違うんだけど、48時間〜72時間なんて言われているんだ。

 

筋肉の修復のために、2日〜3日は間隔を空けた方が良いってことだね。

 

そういうことだね。

 

これって、筋肉痛がきてないときも2〜3日間隔を空けるべきなの?

 

筋肉痛がこないと筋トレの効果はない?

たしかに、筋肉痛は筋繊維の損傷によって引き起こされる説が有力だから、筋肉痛=筋肉が修復している。筋肉痛じゃない=筋繊維が傷ついてないって考えがちだけど、筋肉痛がきてないからといって、筋繊維が傷ついていないとは限らないんだ。

 

じゃあ、筋肉痛がきてないときも2〜3日は間隔を空けるべきってことだね。

 

そうだね。

筋肉痛がきてないからといって、筋トレの効果が無いってわけではないからね。

 

筋肉痛のときは

筋肉痛じゃなくても2〜3日は間隔を空けるべきなんだよね?

でも、マッチョの人たちって毎日のようにジムにいない?

 

たしかにそうだよね。笑

 

鍛える部位を変える

世のマッチョたちは週に5〜6回トレーニングしてる人が多いけど、毎日同じ部位を鍛えてるわけではないんだ。

 

どういうこと?

 

毎日全身の筋肉を鍛えてるんじゃなくて、例えば今日は胸、明日は背中、みたいな感じで、毎日違う部位を鍛えているんだよ。

 

なるほど。

毎日ジムに行ってるマッチョたちも、超回復を無視してるわけではないんだね。

 

もちろん!

超回復を守らないと筋肉がつくどころか、逆に筋肉量の低下を招くことにも繋がりかねないんだ。

 

そうなの?

 

筋トレをした後って筋繊維が傷ついた状態って言ったけど、この傷ついた状態のままさらに筋トレをすると、筋肉が強くなるどころか、どんどん傷つく一方で成長することができないんだ。

 

そうなんだ。

 

筋肉痛は、この筋繊維が傷ついた状態の証的なものだから、筋肉痛のときは絶対に無理をしちゃダメだよ。

 

あわせて読む
筋トレメニューはアプリじゃなくてオンラインフィットネスに任せよう

 

まとめ

今回は、筋肉痛が治らないときは筋トレをしない方が良いのか説明いたしました。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

理想の体を手にれて幸せな人生を送りましょう!!!

 

-筋トレ
-

© 2022 ジェイティ@筋トレブログ Powered by AFFINGER5