筋トレ

筋トレ民がマルチビタミンをとる理由〜ビタミンの効果とは〜

筋トレをしている方はプロテインを飲んでいるという方がほとんどかと思います。

では、マルチビタミンをとっているという方はどのくらいいるでしょうか?

あなたはマルチビタミンをとっていますか?

マルチビタミンをとっているという方は意外と少ないかと思います。

では、ビタミンが筋トレをする人に与える効果をご存知ですか?

詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな方のために筋トレをする人がマルチビタミンをとるべき理由を説明していきます。

筋トレとマルチビタミン

筋トレの効率を上げるためにもマルチビタミンはとるべきです。

体づくりの材料となるプロテインももちろん大事ですが、ビタミンも体づくりに欠かせません。

ビタミンの役割

ビタミンにはどんな役割があるのでしょうか。

ビタミンは、炭水化物や脂質のようにエネルギー源にはなりません。

また、タンパク質のように体をつくるものでもありません。

ビタミンの役割は体を調節することです。

水溶性ビタミン

ビタミンにはいくつかの種類がありますが、そのうちのビタミンB群とビタミンCは「水溶性ビタミン」と言います。

水溶性ビタミンは糖質、脂質、タンパク質と関係があります。

水溶性ビタミンは糖質、脂質、タンパク質の代謝に関わる重要な役割を果たしているのです。

また、ビタミンCが肌にとって大切なのはご存知かと思いますが、コラーゲンの生成を助けるなどといった役割もあります。

ビタミンB1

ビタミンB1は糖質にとって重要な役割を持ちます。

糖質は筋トレに欠かせない体を動かすエネルギー源ですが、糖質をしっかり代謝させるためにはビタミンB1が必要となります。

ビタミンB1は糖質をしっかりと代謝させるためのエンジンオイルの役割を持つのです。

ビタミンB1が足りていないと、糖質を補給していても筋トレの時にエネルギー不足になってしまったり、筋肉の修復にも影響を与えてしまうため、筋トレの効率を悪くしてしまいます。

そのため、せっかく摂取した糖質を筋肉に活かすためにもビタミンB1を一緒に摂取する必要があるのです。

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質をエネルギーに変える際に利用されます。

脂質をエネルギーに変える際にはビタミンB1も利用されますが、ビタミンB2をしっかりと摂取していれば、ビタミンB1を糖質の代謝にしっかりと使うことができます。

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質と関わりを持ちます。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝に関わりますので、ビタミンB6が不足していては食事やプロテインでタンパク質を意識してとっても無駄になってしまいます。

筋トレをする人はタンパク質摂取量が多いかと思いますので、その分ビタミンB6も意識して摂取する必要があるのです。

脂溶性ビタミン

ビタミンB群やビタミンC以外のビタミンは脂溶性ビタミンと言います。

脂溶性ビタミンのなかでもビタミンAビタミンEには体を酸化から守る効果があります。

また、ビタミンDはカルシウムの吸収を促進することで有名ですが、筋肉を強くする効果もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

筋トレに必要な栄養素をうまく機能させるためにもビタミンが欠かせません。

野菜からビタミンをとるのが理想ですが、難しいという場合がほとんどかと思います。

マルチビタミンでビタミンをしっかり補給することで、筋トレの効率を上げていきましょう。

-筋トレ
-,

© 2022 ジェイティ@筋トレブログ Powered by AFFINGER5